老後の収入の一つに|はじめての駐車場経営でもサポート企業に頼めば安心

はじめての駐車場経営でもサポート企業に頼めば安心

男性

老後の収入の一つに

外観

土地だけで収入を得るよりもそこにアパートを建てたほうが、節税と土地の有効利用が図れるので儲かります。つまりアパートの家賃収入でアパート投資を考えようというわけです。家賃6万円の10世帯のアパートを3000万円で建てたとすると年間720万円の家賃収入があります。建物は税法上の減価償却資産であるので長期的に投下資本の回収も図れるし、資産の維持と税金対策もあるのでその儲けは抜群です。ですがアパートの場合は賃貸相場が地域により左右され、駅からの距離や近隣のアパートと比較されやすいため、あまり大きなアパート投資をしても採算が悪くなることがあります。逆に考えてどれくらいの家賃が取れるかをよく考えて資本が投下できるのかを考える必要があります。

アパート投資で大切なことは、経済性と顧客のニーズを踏まえてなるべく新製品を投入して、それでも新築コストをいかに下げていくかにかかっています。その上に入居者の要望も満たしながら、いかにして家賃を高くするかでアパート投資の成功、失敗が如実に出てきます。ですから耐久性のある良質なアパートの建設こそ末永くアパート投資の維持を図ることができ、将来性のある投資をするということにつながっていきます。アパートは建てたが入居者が確保できるだろうかという悩みに対しても、最近では大手建設業者などでは、入居者のあっせんや家賃の徴収など総合的なシステムを構築しており、建設からその経営に関しても十分なサービスを提供しているところも出てきています。